文化遺産オンライン

遊女立姿図

ゆうじょたちすがたず

作品概要

遊女立姿図

ゆうじょたちすがたず

絵画 / 江戸

長陽堂安知筆

江戸時代・18世紀

紙本着色

94.0× 39.6cm

1幅

銘文:「日本戯画長陽堂図之」 ; 「戯画安知」

 安度が堂号に「月」を用いたのに対し、安知は「陽」を用いた。安知は安度の高弟であったと想像されるが、その様式は師と比べると繊細で柔和な描写を特徴としている。片輪車に夕顔模様の振袖の褄をとり、桜模様の間着を翻すこの遊女も、丸みを帯びた可憐さがある。
ルビ:ひるがえ

遊女立姿図をもっと見る

長陽堂安知筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

遊女 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索