文化遺産オンライン

霧(裸婦)

きり らふ

作品概要

霧(裸婦)

きり らふ

絵画 / 明治

中沢弘光筆

明治40年(1907)

カンバス・油彩

188.0×133.0

1面

中沢は、東京美術学校で黒田清輝(くろだせいき)に学び、白馬会の創立より参加した。外光表現を取り入れた明るい色彩の叙情的な作風が多い。当時の展覧会評では、本作に対する賛否も分かれたが、大画面の裸体画制作に対する中沢の意欲を読み取ることのできる作品である。 

霧(裸婦)をもっと見る

中沢弘光筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 洋画 / 清輝 /

関連作品

チェックした関連作品の検索