文化遺産オンライン

天治本万葉集切

てんじぼんまんようしゅうぎれ

作品概要

天治本万葉集切

てんじぼんまんようしゅうぎれ

/ 平安

伝藤原基俊筆

平安時代・12世紀

紙本墨書

1幅

「五大万葉集」のひとつ「天治本万葉集」巻十五の断簡。巻十三が完本で残されており、巻末に「天治元年」(1124)の奥書があることから、この名で呼ばれる。界線が引かれており、真名(漢字)は一枠に一行だが、仮名は一枠に二行書いているところが特徴的である。
ルビ:かいせん、まな、

天治本万葉集切をもっと見る

伝藤原基俊筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

断簡 / 万葉集 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索