文化遺産オンライン

蔦の細道図屏風

つたのほそみちずびょうぶ

作品概要

蔦の細道図屏風

つたのほそみちずびょうぶ

絵画 / 江戸

深江芦舟筆

江戸時代・18世紀

紙本金地着色

132.4×264.4

6曲1隻

重要文化財

『伊勢物語』第九段「東下り」より。傷心で都を離れた男が東国に向かったところ、東海道の難所・駿河国宇津山で顔見知りの修行者に出会い、都の恋人への手紙を託すという場面です。登場人物はみな後姿で、暗い細道を前に恋人を思い出す男の寂寥感を強く表現しています。

駿河国:するがのくに、宇津山:うつのやま

蔦の細道図屏風をもっと見る

深江芦舟筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / / 台東

関連作品

チェックした関連作品の検索