山茶花図 サザンカズ

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画 

縦:154.5cm 横:355cm
6曲1隻

扁平な金雲が樹枝のあいだを縫うように入り込み、金地ではなく素地のうえにじかに描かれたこの花木図は 室町時代の余風を強く感じさせる雰囲気をもつ。この時代の花木を描いた屏風は絵巻などの画中画によって偲ばれるが、遺品はほどんどないといってよい。この樹の名称は今後検討される余地があるが、今は伝承に従って「山茶花(さざんか)」としておこう。

作品所在地の地図

関連リンク

山茶花図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色萩芒図 長谷川等伯筆六曲屏風
洛中洛外図屏風
四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

伝雪舟等楊筆

竹図屏風
海辺老松図 第1面・月夜浮舟図 第4面
ページトップへ