文化遺産オンライン

かたな

作品概要

かたな

その他 / 室町

勢州村正

室町時代・16世紀

1口

銘文:銘 勢州桑名住村正

村正は室町時代後期の伊勢国(いせのくに)(三重県東部)桑名の刀工で、同名が数代続いたともされます。徳川家康をはじめその父子が村正によって死傷したため、同家に祟るとされ、江戸時代には妖刀伝説が生まれました。この刀は、茎【なかご】などに村正の特徴が示され、居住地を銘に切っていて資料的価値も高い作品です。

をもっと見る

勢州村正をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

刀工 / / / 桑名

関連作品

チェックした関連作品の検索