Hairpin, Crow and persimmon design

Details

Hairpin, Crow and persimmon design

metalwork / Edo

Edo period, 19th century

Silver

1本

簪は髪飾具のひとつで、江戸時代になると結髪が技巧化するにつれて髪に差して飾る簪にも高い装飾性が加わるようになった。流行や禁制による変化がみられるが、金銀の素材を用いた歩揺(ほよう)のついた華美なものから、洒落のあるものまで多彩な表現がみられる。

Related Works

Search items related to work chosen