和歌流水団扇簪 わかりゅうすいうちわかんざし

金工 / 江戸 

江戸時代・19世紀
銅製
1本

簪は髪飾具のひとつで、江戸時代になると結髪が技巧化するにつれて髪に差して飾る簪にも高い装飾性が加わるようになった。流行や禁制による変化がみられるが、金銀の素材を用いた歩揺(ほよう)のついた華美なものから、洒落のあるものまで多彩な表現がみられる。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌流水団扇簪チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柿に烏飾簪
キンカブ
キンカブ

奄美大島 

臑当
鼈甲簪
鼈甲簪

沖縄本島

菊水蒔絵文台硯箱
ページトップへ