旧中村家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 主屋 キュウナカムラケジュウタク  オモヤ

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 中部 

長野県
江戸末期/1843頃
桁行六・一メートル、梁間一七・二メートル、二階建、切妻造、鉄板葺、正面庇付
1棟
長野県塩尻市大字奈良井三一一番地
重文指定年月日:20201223
国宝指定年月日:
塩尻市
重要文化財

旧中村家住宅は,重要伝統的建造物群保存地区に選定されている塩尻市奈良井に所在する。主屋は,天保8年(1837)の大火後,同14年頃の建築である。
主屋は間口約6mで,江戸時代末期の中山道の木曽11宿では,典型的な規模の町家である。出梁による深い軒や,二階の出格子窓,重厚な板庇,一階のシトミなど,奈良井宿に特有の表構えをよく留めており,価値が高い。
また,当家は塗(ぬり)櫛(ぐし)の販売を営んだが,主屋表の二階には漆塗(うるしぬり)作業の痕跡が残り,彩色の工程がここで行われたことがわかる。宿場の生業の一端を示して貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧中村家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧中村家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 土蔵
手塚家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 主屋
手塚家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 土蔵
手塚家住宅(長野県塩尻市大字奈良井) 別棟座敷
深澤家住宅(長野県塩尻市大字贄川) 主屋
ページトップへ