文化遺産オンライン

山﨑家住宅塀

やまさきけじゅうたくへい

作品概要

山﨑家住宅塀

やまさきけじゅうたくへい

住居建築 / 近畿

和歌山県

大正/1919~1926

煉瓦造、一部瓦葺、延長130m

1棟

和歌山県紀の川市粉河字東鳥居853-3

登録年月日:20210204

登録有形文化財(建造物)

敷地四面に設けた煉瓦塀である。南正面は中央に門口、西端に通用口を開いて上部に桟瓦を葺く。西面の隣地境は防火のため高塀とする。東面はモルタル塗笠木を掲げ一部の外側に柱形を見せる。北土蔵の両側は壁面をモルタル塗とする。敷地外周の景観を整える。

山﨑家住宅塀をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ 和歌山 / 煉瓦 / 敷地

関連作品

チェックした関連作品の検索