赤塚古墳 三角縁複波文帯盤龍鏡 アカツカコフン サンカクブチフクハモンタイバンリュウキョウ

その他の画像全5枚中5枚表示

考古資料 

径:25.3cm
1面
重要文化財

赤塚古墳は大分県宇佐市高森の台地上にある全長57,5mの前方後円墳である。1921年に発掘され、後円部中央の箱式石棺の中から、立てられた状態で納められていた三角縁神獣鏡5面をはじめ、管玉、鉄刀片などが発見された。三角縁神獣鏡はすべて中国製であり、九州でも最も古い4世紀前半の古墳のひとつである。なお、これらの鏡の同笵品が、福岡県石塚山古墳、京都府椿井大塚山古墳、三重県筒野古墳などで出土しており、その関係が注目されている。

作品所在地の地図

関連リンク

赤塚古墳 三角縁複波文帯盤龍鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤塚古墳 三角縁唐草文帯二神二獣鏡
赤塚古墳 三角縁鋸歯文帯四神四獣鏡
赤塚古墳 三角縁獣文帯三神三獣鏡
銅鏡(豊前国宇佐赤塚古墳出土)
川部・高森古墳群
ページトップへ