文化遺産オンライン

桂馥先生図軸

けいふくせんせいずじく

作品概要

桂馥先生図軸

けいふくせんせいずじく

絵画 / / 中国

法藻筆

制作地:中国

清時代・18世紀

紙本淡彩

71.5×34.7

1幅

銘文:江南法藻寫、時在濟南鵲山湖上 ; 鈐印「法藻私印」 ; 桂馥、宋葆淳、翁方綱、詩塘上に潘庭筠、張鉨芳、辺綾上に周桓、呉煊、黄畹、呉昇、沈可培など ; 鑑蔵印「定静堂」 ; 汲古書屋

桂馥@けいふく@(1736~1805)(字未谷)は曲阜(山東省)の人。乾隆55年(1790)の進士で、文字学の大家として知られています。これはその肖像画で、「丙己図」と名付けた本人の題に加え、その人格と学問を慕う、翁方綱@おうほうこう@(1733~1818)、宋葆淳@そうほじゅん@(1748~?)らの題記が寄せられています。

桂馥先生図軸をもっと見る

法藻筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鈐印 / Qing / 静堂 /

関連作品

チェックした関連作品の検索