文化遺産オンライン

グレーのポプラ

作品概要

グレーのポプラ

絵画 / 明治

浅井忠筆

明治34年(1901)

カンバス・油彩

44.5×32.01901年

1面

 浅井が留学中に、パリ郊外のロアン河に沿うグレーで制作した風景画の連作は、自然のみずみずしい情趣をいかんなく表現した佳作である。ポプラの大樹の燃え立つように色づいた黄葉が強いタッチであらわされ、背景の森と鮮やかなコントラストを生んでいる。

グレーのポプラをもっと見る

浅井忠筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

浅井 / グレー / / 黒田

関連作品

チェックした関連作品の検索