文化遺産オンライン

前垂

まえだれ

作品概要

前垂

まえだれ

北海道アイヌ

19世紀

アットゥシ地切伏刺繍文

長54.5_幅53.5

1枚

前垂(まえだれ)はアイヌ語でマエタリなどという。このことから本州から入った服飾文化であることがわかる。女性の作業衣として用いられたが、儀式の時に身に着けることもある。紐が付属するものはすくなく、帯に挟みこむようにして用いる。
(2004/09/01_h15)

前垂をもっと見る

北海道アイヌをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

アットゥシ / アイヌ / Ainu / fiber

関連作品

チェックした関連作品の検索