Mirror Interconnected arc design

Details

Mirror Interconnected arc design

Archaeology / Kofun / Shizuoka

Place excavated:Excavated at Shorinzan Tumulus, Iwata-shi, Shizuoka

Kofun period, 4th century

直径28.7

1面

中国鏡である内行花文鏡をモデルに、国内で作られた面径28.9㎝もある大型鏡である。中心の四花と、周囲の連弧文との間を緻密な細線で埋める。この鏡は、石室内に安置された遺体の頭部付近に鏡面を上に向けて収められており、遺体を邪悪なものから守る役割を担っていた。(河野正訓氏執筆)

Related Works

Search items related to work chosen