郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡 ごうのきいせきしゅつどこがたぼうせいきょう

金属製品類 / 弥生 / 佐賀県 

弥生時代終末期
青銅製
面径9cm
1面
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
武雄市重要文化財

 小形仿製鏡とは中国大陸で作られた鏡をまねて、日本などで鋳造された鏡で、面径が約10cm程度のものをいう。弥生時代後期を中心に作られ、共同体や連合体の各首長層が保有したという説がある。
 本鏡は青銅製で、橘町郷ノ木遺跡の弥生時代終末期の土壙墓(穴を掘って直接遺体を埋葬した墓)から鉄製の刀子とともに副葬されていたもの。面径9cmの完形品で、銅質はやや不良で、背面の文様構成は外側から、幅広の平縁、目の粗い斜行櫛歯文帯、内行花文帯(12弧)及び花文の間に二重の鋸歯文、一圏をおいて鈕(紐を通す穴の開いたつまみ)となっている。
 市内では他にも茂手遺跡、納手遺跡から小形仿製鏡が出土しているが、本鏡の保存状態が最もよく、弥生時代終末期の武雄地方や佐賀・北部九州の古代史を解明する上で重要な資料である。

関連リンク

郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

矢ノ浦古墳出土変形獣帯鏡
茂手遺跡出土有鉤釧形銅製品
佐賀県二塚山遺跡出土品
奥山遺跡出土遺物
望遠鏡
ページトップへ