佐賀県二塚山遺跡出土品 さがけんふたつかやまいせきしゅつどひん

考古資料 / 古墳 / 九州 

佐賀県
古墳
一括
佐賀市城内1-15-23
重文指定年月日:19890612
国宝指定年月日:
登録年月日:
佐賀県
国宝・重要文化財(美術品)

二塚山遺跡は脊振山系南麓の四五〇~六〇〇メートルの幅で南北にのびた「二塚山」と呼ばれる河岸段丘上に位置する。
 甕棺から出土した内行花文鏡二面はともに漢式鏡で、そのうち絜清白鏡は佐賀平野唯一の前漢鏡である。渦文鏡は韓国慶尚北道の漁隠洞遺跡出土と同笵である。土壙墓出土の内行花文鏡一面と獣帯鏡は漢式鏡、渦文帯をもつ内行花文鏡はぼう製鏡であった。

作品所在地の地図

関連リンク

佐賀県二塚山遺跡出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

福岡県峯遺跡十号甕棺出土品
郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡
吉島古墳
肥後向野田古墳出土品
福岡県平原方形周溝墓出土品
ページトップへ