舟形石棺/佐賀県佐賀市久保泉町熊本山古墳出土 ふながたせっかん/さがけんさがし

考古資料 / 古墳 / 九州 

佐賀県
古墳
1合
佐賀市城内1-15-23
重文指定年月日:19890612
国宝指定年月日:
登録年月日:
佐賀市
国宝・重要文化財(美術品)

熊本山古墳は脊振【せぶり】山地の南麓、清兵衛山【せいべえやま】から派生する低独立丘上に位置していた古墳である。本遺品は、昭和三十八年にみかん園造成工事中に発見された。
 石棺は阿蘇溶岩【あそようがん】製で、身と蓋からなり、それぞれ一石の刳り抜きで作られている。底部中央から前後端にかけてゆるやかに反る形態をとり、身の内は三室に分け、中央に主室、その前後に副室を設けている。主室の一端には径約二〇センチの枕を造り出している。

作品所在地の地図

関連リンク

舟形石棺/佐賀県佐賀市久保泉町熊本山古墳出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

割竹形石棺
肥後阿蘇氏浜御所跡出土品
西隈古墳
銅矛/佐賀県三養基郡北茂安町検見谷遺跡出土
産土山古墳
ページトップへ