割竹形石棺 わりたけがたせっかん

その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 中国・四国 

香川県
古墳
1合
善通寺市文京町3-3-1
重文指定年月日:19930610
国宝指定年月日:
登録年月日:
善通寺市
国宝・重要文化財(美術品)

本石棺を出土した磨臼山古墳は、古墳時代前期末ごろに築造された前方後円墳で、善通寺市南の大麻山から平野に突き出した標高一一九メートルの尾根上に立地する。
 香川県鷲ノ山産出の角閃安山岩を用いて作られた刳り抜き式石棺である。身と蓋からなり、ともに平面は長方形を呈す。蓋の外形は、頂部が横断面三角形に近い形状を取り、側面は身とは逆に下端から上端に向かってやや外開きの面をなし、頂部との境に段がつく。

作品所在地の地図

関連リンク

割竹形石棺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

快天山古墳
舟形石棺/佐賀県佐賀市久保泉町熊本山古墳出土
松岡古墳群<BR/> 手繰ヶ城山古墳<BR/> 石舟山古墳<BR/> 鳥越山古墳<BR/> 二本松山古墳
江田船山古墳<BR/> 附 塚坊主古墳・虚空蔵塚古墳
賤機山古墳
ページトップへ