三彩壺/伝岡山県出土 さんさいつぼ/でんおかやまけんしゅつど

考古資料 / 奈良 / 中国・四国 

岡山県
奈良
1合
倉敷市中央1-3-13
重文指定年月日:19890612
国宝指定年月日:
登録年月日:
財団法人倉敷考古館
国宝・重要文化財(美術品)

 本遺品の出土地等の詳細は明らかでないが、箱書には「此壺ハ明治三十七年ノ頃作州津山附ニ於テ鑛山試掘ノ際、古墳ヨリ掘出シタル」と記されている。
 薬壺形の三彩壺で、奈良三彩と称されるものである。被蓋造りで、肩部の張った丸味のある胴に、裾広がりの高台が付き、口縁は直立する。高台は端面の中央に細く凹部を巡らし、口縁の上端部は少し内傾し、その内端はわずかに膨らむ。

作品所在地の地図

関連リンク

三彩壺/伝岡山県出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ページトップへ