茂手遺跡出土有鉤釧形銅製品 もでいせきしゅつどゆうこうくしろがたどうせいひん

金属製品類 / 弥生 / 佐賀県 

弥生時代後期
青銅製
長さ9.1cm、幅6.7cm
1個
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
佐賀県重要文化財

 有鉤釧形銅製品は有鉤銅釧とも呼ばれ、鉤付の青銅で作った腕輪のことである。この形の祖は、南海産のゴホウラ貝を縦に切って作った腕輪で、複数を男性の右腕につけられることが多く、特権階級の存在をうかがい知る資料のひとつとなっている。
 茂手遺跡は、橘町大字大日の六角川沿いにあり、弥生時代から近世にかけての集落遺跡である。出土したのは掘立柱建物跡の柱穴からで、この建物は高床倉庫ではなかったかと推定され、建物の安全や豊饒などを祈念したのではないかと考えられている。
 この有鉤銅釧は両端面が平坦だが、全体の形状は楕円形をしており、長さ9.1cm、幅6.7cmで、鉤の長さは2.0cmある。完形品で丁寧に磨かれ、にぶい銀色をしており、錆はほとんどみられない。弥生時代後期の製作と推定されている。
 有鉤銅釧は県内では、唐津市の桜馬場遺跡から出土しているが、形態的に相違がみられる。類似するものとしては、福井県の西山公園遺跡や長崎県原ノ辻遺跡の出土品があげられる。このことから本資料は、武雄地域の弥生時代の文化圏を考える上で重要である。

関連リンク

茂手遺跡出土有鉤釧形銅製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡
銅鉾
釈迦寺遺跡出土遺物
有鉤銅釧出土地
みやこ遺跡出土木製鞍前輪
ページトップへ