釈迦寺遺跡出土遺物 しゃかじいせきしゅつどいぶつ

金属製品類 / 弥生 / 佐賀県 

弥生時代中期初頭
1括
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市
佐賀県重要文化財

 釈迦寺遺跡は、橘町片白にあり、弥生時代中期の甕棺墓を主体とする遺跡である。平成元年度の県道拡幅工事に伴う発掘調査でSJ246甕棺墓から銅戈1口、SJ279甕棺墓から銅剣1口、銅鉇1個が出土した。いずれも弥生時代中期初頭(紀元前2世紀から同1世紀初め)とみられ、完形品で、特に戈と鉇は質がよく、大陸からの舶載品と考えられる。甕棺に青銅器が副葬されていることは珍しく、いずれも首長級の墓と考えられ、武雄・杵島地方におけるクニの成立を考える上で貴重な資料である。
【銅剣】完形の細形銅剣で、全長32.2cm、幅4.2cm、重量220g。鋒は鋭く、鎬と身下位の刳り込みまでが刃として研ぎだされている。茎の断面はほぼ円形をしており、鋳造時の真土が残っている。全体的に腐食しており、ややもろくなっている。
【銅戈】2つに折れた状態で出土した細形銅戈で、全長24.6cm、幅5.9cm、重量250g。鋒近くまで樋が通っており、胡と呼ばれる基部付近まで研ぎだされている。胡は戈の特徴として傾斜しており、茎とともに鋳造時のバリが残っている。茎は通常扁平だが、本戈は断面が楕円形をしている。銅質がよく、錆はほとんどみられず、保存状態は良好である。
【銅鉇】上甕と下甕の継ぎ目に滑り込み、2つに折れた状態で出土した。使用による研ぎ減りで長さ6.2cm、幅2.3cm、重量20gとなっている。横断面は爪形に表面が膨らんでおり、中央と両側面には三角突起がつけられ、厚くなっている。先端部が刃部となっており、表面側を研磨した片刃である。鉇は、柄を装着して木材の表面を押して削るカンナの一種。
【甕棺】SJ246甕棺は、通称「金海くずれ」とよばれる形態の甕で、上甕と下甕が接口式の甕棺である。SJ279甕棺は、体部中位に三角突帯をめぐらす形態で、上甕が下甕を覆う覆口式の甕棺である。

関連リンク

釈迦寺遺跡出土遺物チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銅鉾
佐賀県柚比本村遺跡墳墓出土品
安国寺甕棺墓群
郷ノ木遺跡出土小形仿製鏡
筑前吉武遺跡出土品
ページトップへ