菩薩本行経巻中(足利尊氏願経) ボサツホンギョウキョウマキチュウ(アシカガタカウジガンキョウ)

その他の画像全2枚中2枚表示

 

制作地:日本
南北朝
紙本墨書
縦 27.6 cm 横 870 cm
1帖
銘文:文和三年正月二十三日 源尊氏発願文 法観寺寄住比丘豊義書写奥書

文和三年(一三五四)正月二十三日に足利尊氏(一三〇五ー五八)が、後醍醐天皇や尊氏自身の父母、更には元弘の乱以後の戦乱で落命した人々の霊を慰め、天下太平と民衆の安穏を祈願して発願書写せしめた一切経のうちの一帖。書写にあたっては、京洛・南都・鎌倉の主要寺院を含めた諸僧が動員され、その年の十二月二十三日に経供養が行われた。木版刷りの発願文は、五行のが二種、四行のが一種あり、「尊氏」とあるのが自署である。

作品所在地の地図

関連リンク

菩薩本行経巻中(足利尊氏願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿毘達磨大毘婆沙論 巻百七十五
大般若波羅蜜多経巻第二百五(足利尊氏願経)
足利尊氏願経
大威徳陀羅尼経巻第十五(光明皇后御願経・五月一日経)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ