文化遺産オンライン

阿毘達磨大毘婆沙論 巻百七十五

作品概要

阿毘達磨大毘婆沙論 巻百七十五

/ 南北朝

南北朝時代・14世紀

紙本墨書

1帖

 文和3年(1354)正月23日に足利尊氏(1305~58)が、後醍醐天皇や両親および戦没者の供養と天下泰平を祈願し、京都、鎌倉などの諸寺院の僧に書写させ菩提寺の等持院に奉納した一切経の一つ。各帖末の木版刷りの発願文には「尊氏」の自署がある。     

阿毘達磨大毘婆沙論 巻百七十五をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

発願 / 書写 / 足利 /

関連作品

チェックした関連作品の検索