文化遺産オンライン

名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋

めいしょえどひゃっけい こまがたどうあづまばし

作品概要

名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋

めいしょえどひゃっけい こまがたどうあづまばし

絵画 / 江戸

歌川広重筆

江戸時代・安政4年(1857)

大判 錦絵

1枚

隅田川に吾妻橋がかかる風景、左手前の屋根は馬頭観音を祀る駒形堂。吉原の遊女、高尾太夫が詠んだ有名な句「君はいま駒形あたりほととぎす」をもとに、駒形堂とホトトギスが組み合わされたのだろう。上部のぼかし摺りが梅雨空の雰囲気をよく表現している。

名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋をもっと見る

歌川広重筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

名所 / / 広重 / ょえどひゃっけい

関連作品

チェックした関連作品の検索