名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋

絵画 

歌川広重筆
1枚

 江戸時代の絵師、歌川広重の最晩年の代表作「名所江戸百景」シリーズのうちの一枚です。シリーズは目録を含め全120枚。のちに4つの季節に分類されますが、この作品は夏の一枚とされています。そのポイントは、画面の上を飛ぶ初夏の鳥、ホトトギスでしょう。
 ホトトギスが横切る空は、上方がぼかし摺(ず)りでどんよりと暗く表現され、天気の急変を告げています。空に描かれた線をよく見ると、そこに雨が降ってきたことがわかります。ホトトギスの周りにぼかされた墨とあいまって、梅雨空(つゆぞら)の雰囲気です。
 ここは隅田川。西側の岸から東を眺め、左手、上流にかかる橋は吾妻橋(あづまばし)です。左の隅に描かれている屋根は、馬頭観音を祀る駒形堂です。当時の江戸の人々にとって「駒形堂」と「ホトトギス」の組み合わせは、吉原の遊女、高尾太夫(たかおだゆう)が詠んだ「君はいま駒形あたりほととぎす」という有名な句を連想させるものでした。
 名所江戸百景の特徴でもある縦位置の構図、大きく描かれた駒形堂や赤い旗と、遠景の橋や船などの、モチーフの大小の対比で遠近を感じさせる表現も印象的な作品です。

作品所在地の地図

関連リンク

名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

名所江戸百景・駒形堂吾嬬橋
名所江戸百景・堀切の花菖蒲
名所江戸百景・亀戸梅屋舗
名所江戸百景・深川洲崎十万坪
「名所江戸百景・亀戸梅屋舗」
ページトップへ