文化遺産オンライン

針聞書

はりききがき

作品概要

針聞書

はりききがき

歴史資料/書跡・典籍/古文書

茨木ニ介元行筆

室町時代 永禄11年(1568)

紙本著色

縦24.3 横21.4

1冊

永禄11(1568)年に、摂津の国に住んでいた茨木元行という人物によって書かれた東洋医学資料。針の打ち方や人体解剖図、病気の原因と考えられた想像上の虫の姿が描かれ、その虫の特徴と治療に有効な漢方薬などが記されている。当時の人々の病気に対する考え方がわかる貴重な資料である。

針聞書をもっと見る

茨木ニ介元行筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 病気 / 草紙 /

関連作品

チェックした関連作品の検索