文化遺産オンライン

嵯峨人形 狛持ち童子立像

サガニンギョウ コマモチドウジリュウゾウ

作品概要

嵯峨人形 狛持ち童子立像

サガニンギョウ コマモチドウジリュウゾウ

染織

高:30.5cm

1躯

 木彫りに彩色をほどこした人形。年月の経過によって沈んで見える衣裳の色調は、当初は極彩色であった。江戸時代を通じて製作されたが、初期の嵯峨人形は深遠な表情に特色があり、多くは首振りなどのからくりが仕組まれている。本品も首が前後に動き、首の動きに合わせて舌が見え隠れする。

嵯峨人形 狛持ち童子立像をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

人形 / 嵯峨 / サガニンギョウ /

関連作品

チェックした関連作品の検索