文化遺産オンライン

嵯峨人形 首ふり

さがにんぎょう くびふり

作品概要

嵯峨人形 首ふり

さがにんぎょう くびふり

染織 / 江戸

江戸時代・17世紀

1躯

犬を持って自慢げに立つ男の子の姿。盛り上げ彩色の技法を駆使して落ち着いた地色に金を多用した豪華な模様が衣裳全体に描き込まれています。この首ふり嵯峨は、首が前に傾くごとに舌が飛び出る仕掛けで、奇妙な面白さがあります。

嵯峨人形 首ふりをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

人形 / Doll / にんぎょう / 嵯峨

関連作品

チェックした関連作品の検索