文化遺産オンライン

嵯峨人形 遊女立姿

さがにんぎょう ゆうじょたちすがた

作品概要

嵯峨人形 遊女立姿

さがにんぎょう ゆうじょたちすがた

漆工

江戸時代・17世紀~18世紀

1躯

兵庫髷(ひょうごまげ)を結い、袖を張って凛と立つ遊女の姿。どの角度から見ても見事な造形で、衣裳には白梅と細やかな鹿子絞(かのこしぼり)の雪輪模様が表わされています。浮世絵をそのまま立体化させたかのような作品です。

嵯峨人形 遊女立姿をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

遊女 / 人形 / Doll / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索