樫野埼灯台及びエルトゥールル号遭難事件遺跡 かしのさきとうだいおよびえるとぅーるるごうそうなんじけんいせき

その他 / 近畿 

和歌山県
江戸時代
和歌山県東牟婁郡串本町
指定年月日:20210326
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

近代最初期の灯台として良好に保存されている「樫野埼灯台」,エルトゥールル号が衝突した「船甲羅(ふなごうら)」,生存者が泳ぎ着いたと伝えられる「遭難者上陸地」,犠牲者を葬った「遭難者墓地」からなる。近代における大規模かつ国際的な海難とその後の防災意識や日本とトルコとの国際交流・慰霊の歴史を明らかにする貴重な遺跡。

作品所在地の地図

関連リンク

樫野埼灯台及びエルトゥールル号遭難事件遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

樫野埼灯台旧官舎
明治二年奥州出征米国船ハーマン号勝浦沖遭難絵巻
吉野ヶ里遺跡
墨古沢遺跡
伊礼原遺跡
ページトップへ