文化遺産オンライン

三角柱状土製品

さんかくちゅうじょうどせいひん

作品概要

三角柱状土製品

さんかくちゅうじょうどせいひん

考古資料

出土地:青森県むつ市田名部品ノ木

縄文時代 4000年前~3000年前

土製

縦6.3 横8.4 高9.0

1個

縄文時代中期から後期の東日本で出土する三角柱状の祭祀具である。2本沈線による縁取りと3本沈線による弧線文が特徴的である。縄文時代後半期には、石冠、土冠、三角柱状土製品、三角柱状石製品、烏帽子形石器等と呼ばれる石製や土製の三角柱状の祭祀具が発達した。

三角柱状土製品をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

縄文 / 三角柱 / 土製 / 祭祀

関連作品

チェックした関連作品の検索