Fragment of Courtly Garment

Details

Fragment of Courtly Garment

Textiles / Edo

Edo period,19th century

1式

公家の山科家で伝えられた公家装束の装束集のうちの1点。天皇の装束にのみ使用された桐竹鳳凰麒麟文を織った青色御袍裂である。公家装束は多彩な色合いと多様な図案で宮廷の雅趣を演出するばかりではなく、時として身分や家柄によって色や文様が定められた。(20120410_平企)

Related Works

Search items related to work chosen