文化遺産オンライン

山吹双鳥鏡

やまぶきそうちょうきょう

作品概要

山吹双鳥鏡

やまぶきそうちょうきょう

金工 / 平安 / 山形県

出土地:山形県鶴岡市羽黒山御手洗池出土

平安時代・12世紀

銅鋳造

1面

平安時代後期には背面に四季の景物や鳥・蝶などの文様を鋳表した、薄手で小型の銅鏡が数多く作られるようになった。文様は鋳型にヘラを押し当てて表したもので、鋳型の凹みが浅いため、鋳上がり後の文様は盛り上がりがおとなしく、繊細で柔和な表現である。

山吹双鳥鏡をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Yamagata / 御手洗 / Tsuruoka / 鶴岡

関連作品

チェックした関連作品の検索