文化遺産オンライン

埴輪 鹿

はにわ しか

概要

埴輪 鹿

はにわ しか

考古資料

出土地:伝群馬県伊勢崎市(旧佐波郡境町)大字境上武士 天神山古墳出土

古墳時代 6世紀

土製(埴輪)

長48.5 幅29.5 高52.7

1個

重要文化財

「埴輪 犬」として重要文化財に指定されているが、各部の特徴から鹿を表現した形象埴輪(動物埴輪)と考えられる。頭頂部を除くほぼ全身が良好に残る。焼成は良好で赤褐色を呈し、全体にハケ調整が施されている。頭部周辺は特に仕上げが丁寧で、ナデやケズリを多用して仕上げられている。目は楕円形で、鼻は2つの円孔で表現する。口は大きく開き、両端は線刻される。耳はピンと立ち、横向きである。角が付く部分が欠損して後補されており、本来角が付いていたかは不明。胴および頭部は中空で、尻尾は下方にまっすぐに伸びる。尻尾の下には透かし孔を1つ開けている。長い四脚を持ち、各脚端の踵に当たる部分は斜めに切り落とされる。群馬県佐波郡境町大字境上武士(現在の伊勢崎市)天神山古墳出土と伝わる。

埴輪 鹿をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

伊勢崎 / 埴輪 / 古墳 / 群馬

関連作品

チェックした関連作品の検索