文化遺産オンライン

埴輪 入母屋造家

はにわ いりもやづくりいえ

作品概要

埴輪 入母屋造家

はにわ いりもやづくりいえ

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県伊勢崎市今井出土

古墳時代・6世紀

1個

家形埴輪には平屋・高床建物の別と、強調して表現される屋根形式の違いで主に入母屋造・切妻造・寄棟造があります。他の形象埴輪は埴輪列中の配列が多いのに対し、古墳の墳頂や造出部で埋葬施設上に置かれることも多く、形象埴輪群の中枢部に配置されました。

埴輪 入母屋造家をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

埴輪 / 古墳 / 形象 / Kofun

関連作品

チェックした関連作品の検索