如来坐像(七仏薬師のうち) にょらいざぞう(しちぶつやくしのうち)

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 /  / 中国 

制作地:中国
清時代・18~19世紀
銅造、鍍金
1躯

TC-213、212、223とあわせて、着衣や台座の形式が一致するため、七仏薬師として造られたとみられます。右手を胸前に構え、左手をこれに寄せて仰ぐ、転法輪印という説法を行なう仕草から、金色宝光妙行成就如来あるいは法海雷音如来である可能性が考えられます。

作品所在地の地図

関連リンク

如来坐像(七仏薬師のうち)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

如来坐像(七仏薬師のうち)
無憂最勝吉祥如来(七仏薬師のうち)
薬師如来坐像(七仏薬師のうち)
薬師如来坐像
大日如来坐像
ページトップへ