冨嶽三十六景・五百らかん寺さゞゐどう ふがくさんじゅうろっけい・ごひゃくらかんじさざいどう

絵画 / 江戸 

葛飾北斎筆
江戸時代・19世紀
横大判 錦絵
1枚

現在東京目黒にある五百羅漢寺は、もとは本所大島にありました。さざえ堂と呼ばれた螺旋(らせん)構造の通路がめぐる三階建ての建物があり、階上の見晴台からの眺望が評判でした。『冨嶽三十六景』には富士を見る後ろ向きの人が多く描かれていますが、本図もその1枚です。

作品所在地の地図

関連リンク

冨嶽三十六景・五百らかん寺さゞゐどうチェックした作品をもとに関連する作品を探す

冨嶽三十六景・御厩川岸より両国橋夕陽見
冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏
冨嶽三十六景・相州江の嶌
冨嶽三十六景《五百らかん寺さゞゐどう》
冨嶽三十六景・神奈川沖浪裏
ページトップへ