文化遺産オンライン

琵琶八重菊蒔絵大鼓胴

びわにやえぎくまきえおおつづみどう

概要

琵琶八重菊蒔絵大鼓胴

びわにやえぎくまきえおおつづみどう

漆工 / 江戸 / 東京都

江戸時代/18世紀

直径11.7cm 高29.0cm 重量723g

渋谷区千駄ヶ谷4-18-1 国立能楽堂

収蔵品番号 GK養成05

独立行政法人日本芸術文化振興会

大鼓は能楽で用いる打楽器で、小鼓と同様、胴・革・調べ緒からなるが、大鼓のほうが一回り大きく、胴は全長約28センチで、主に桜材で作られ、形も節が設けられて異なる。革は直径約23センチで、馬の尻や背中など厚手の革が多く用いられる。胴と革は調べ緒で連結されているが、小鼓のように締め付け具合で音の高さを変化させることはなく、演奏前に革を炭火にかざして乾燥させることで、高く硬質な音を出す。
 請(うけ)と巣合(すあい)に縦筋カンナがある大鼓胴である。黒漆地に節と座は金梨子地とし、2つの琵琶を絵梨子地と平蒔絵で、4つの八重菊文を平蒔絵と高蒔絵で表す。琵琶に八重菊の意匠は、能<蝉丸>を意図したものと考えられる。

琵琶八重菊蒔絵大鼓胴をもっと見る

国立能楽堂 資料展示室をもっと見る

キーワード

/ 調べ / 小鼓 /

関連作品

チェックした関連作品の検索