文化遺産オンライン

俳句選集『春夏秋冬』

はいくせんしゅう『しゅんかしゅうとう』

作品概要

俳句選集『春夏秋冬』

はいくせんしゅう『しゅんかしゅうとう』

文書・書籍 / 明治

編集兼発行者:高濱 清

たかはまきよし

明治34~36年/1901~03年

紙・冊子・印刷

各 縦15.3cm×横10.9cm

4冊

富山県高岡市古城1-5

1-03-121

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

明治30年(1897)以降の正岡子規率いる日本派の代表的句集。春の部の選者は子規。それ以降は子規の弟子・河東碧梧桐と高浜虚子。
春の部には、子規や夏目漱石、碧梧桐らと並び、竹の門の句が計14句掲載されている(夏の部には10句、秋の部には6句、冬の部には5句掲載)。

俳句選集『春夏秋冬』をもっと見る

編集兼発行者:高濱 清をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

/ 俳句 / 発行 / 掲載

関連作品

チェックした関連作品の検索