文化遺産オンライン

俳誌『懸葵』(「竹の門追悼号」/第23巻第5号)

はいし『かけあおい』(たけのかどついとうごう/だい23かんだい5ごう)

作品概要

俳誌『懸葵』(「竹の門追悼号」/第23巻第5号)

はいし『かけあおい』(たけのかどついとうごう/だい23かんだい5ごう)

文書・書籍 / 大正 / 富山県

懸葵発行所

かけあおいはっこうじょ

大正15年5月1日/1926年

紙・冊子・印刷

縦22.4cm×横15.3cm×厚0.6cm

1冊

富山県高岡市古城1-5

1-03-127

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

明治37年(1904)に京都の俳人・中川四明創刊。その後、大谷句仏が引き継いだ。
本号は、生前親交のあった人々が筏井竹の門を偲び、寄稿している。追悼句抄には句仏、高浜虚子、河東碧梧桐、冨田渓仙ら69人の名がある。

俳誌『懸葵』(「竹の門追悼号」/第23巻第5号)をもっと見る

懸葵発行所をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

/ 発行 / / 俳句

関連作品

チェックした関連作品の検索