草書七言絶句軸 そうしょしちごんぜっくじく

 /  / 中国 

朱耷筆
制作地:中国
清時代・17~18世紀
紙本墨書
(本紙)167.4×70.8
1幅

八大山人@はちだいさんじん@こと朱耷@しゅとう@は明朝の王族で、王朝瓦解後に僧侶となり遺民として生きました。書画に優れ、清雅な趣を湛える作風は高く評価されます。息の長い運筆で、筆先を露@あら@わにせず、デフォルメを利かせた字姿の本作は、朱耷60代以降の書きぶりに通じます。

作品所在地の地図

関連リンク

草書七言絶句軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行書送李愿帰盤谷序軸
行書臨河序六屛
草書七言絶句軸
草書七言絶句軸

黄道周筆

草書題画七言絶句扇面
行書七言絶句軸
行書七言絶句軸

董其昌筆

ページトップへ