文化遺産オンライン

草書七言絶句軸

そうしょしちごんぜっくじく

作品概要

草書七言絶句軸

そうしょしちごんぜっくじく

/ / 中国

黄道周筆

制作地:中国

明時代・16~17世紀

絹本墨書

縦177.7 横48.8

1幅

黄道周(こうどうしゅう)は王鐸(おうたく)、倪元璐(げいげんろ)と同じ天啓2年(1622)の進士。明滅亡後は福王、唐王政権で清に抗戦し、後に捕らえられて処刑されました。詩文書画に優れ、書は行草書や楷書が評価されます。本作は筆力が横溢し、右上がりの強い用筆で、強さと険しさを備えた字姿です。(六人部氏執筆)(180828_t08)

草書七言絶句軸をもっと見る

黄道周筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

倪元 / 黄道 / 草書 /

関連作品

チェックした関連作品の検索