草書孟浩然詩巻 そうしょもうこうねんしかん

 /  / 中国 

張瑞図筆
制作地:中国
明時代・天啓2年(1622)
絹本墨書
(本紙)30.7×529.5
1巻

張瑞図は字を長公、号を二水、白毫菴主、果亭山人などといい、晋江(福建省)の人。万暦35年の進士で、魏忠賢のもとで入閣するも失脚し、郷里に隠棲、明朝滅亡直前の崇禎14年に71才で没しました。明の滅亡後の南明政権からは「文隠」と諡されています。後跋には倪元璐と黄道周は殉国したのに、王鐸はしなかった。このことから王鐸と張瑞図の書を貶す人がいるが、書法としてはどちらも素晴らしいのであり、ただ人格が違うだけなのである、という意味が述べられています。

作品所在地の地図

関連リンク

草書孟浩然詩巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行草書七言律詩扇面
行草書西園雅集図記軸
草書七言絶句軸
草書七言絶句軸

黄道周筆

草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

倪元璐筆

草書七言律詩軸
草書七言律詩軸

黄道周筆

ページトップへ