文化遺産オンライン

行草書七言律詩扇面

ぎょうそうしょしちごんりっしせんめん

概要

行草書七言律詩扇面

ぎょうそうしょしちごんりっしせんめん

/ / 中国

張瑞図筆

制作地:中国

明時代・16~17世紀

金箋本墨書

(本紙)縦18.6 横56.8

1枚

銘文:瑞図 ; 鈐印「張瑞図印」 ; 鑑蔵印「定静堂」 ; 志超墨縁

張瑞図(ちょうずいと)は晋江(福建省)の人です。万暦35年(1607)、殿試に探花(第三席)で及第し要職を歴任しました。が、当時専権を極めていた宦官・魏忠賢(ぎちゅうけん)の碑を手書し、魏が失脚すると張瑞図にも累が及び、その書も長く等閑視されました。日本では早くから高く評価されています。

行草書七言律詩扇面をもっと見る

張瑞図筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

静堂 / China / /

関連作品

チェックした関連作品の検索