文化遺産オンライン

行草書七言律詩扇面

ぎょうそうしょしちごんりっしせんめん

作品概要

行草書七言律詩扇面

ぎょうそうしょしちごんりっしせんめん

/ / 中国

呉雲筆

制作地:中国

清時代・19世紀

金箋墨書

(本紙)縦18.4 横54.2

1面

銘文:平齋呉雲 ; 鈐印「呉雲私印」 ; 平齋 ; 鑑蔵印「貞静堂」

呉雲(ごうん)(字・少甫(しょうほ)、号・平斎(へいさい))は江蘇省の地方官を歴任するも太平天国の乱により退官し、蘇州や上海で余生を過ごしました。金石書画の収蔵・鑑識で著名です。元末明初の楊基(ようき)の七言律詩を書いた本作は、顔真卿(がんしんけい)や親交のあった何紹基(かしょうき)の書に通じ、独特な筆使いをしています。(六人部氏執筆)(180424_t082)

行草書七言律詩扇面をもっと見る

呉雲筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

鈐印 / 静堂 / /

関連作品

チェックした関連作品の検索