行草書七言律詩扇面 ぎょうそうしょしちごんりっしせんめん

 /  / 中国 

呉雲筆
制作地:中国
清時代・19世紀
金箋墨書
(本紙)縦18.4 横54.2
1面
銘文:平齋呉雲 ; 鈐印「呉雲私印」 ; 平齋 ; 鑑蔵印「貞静堂」

呉雲(ごうん)(字・少甫(しょうほ)、号・平斎(へいさい))は江蘇省の地方官を歴任するも太平天国の乱により退官し、蘇州や上海で余生を過ごしました。金石書画の収蔵・鑑識で著名です。元末明初の楊基(ようき)の七言律詩を書いた本作は、顔真卿(がんしんけい)や親交のあった何紹基(かしょうき)の書に通じ、独特な筆使いをしています。(六人部氏執筆)(180424_t082)

作品所在地の地図

関連リンク

行草書七言律詩扇面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行書七言聯
行書七言聯

呉雲筆

篆書八言聯
篆書八言聯

呉大澂筆

行草書七言律詩扇面
斉雲館印譜
斉雲館印譜

呉昌碩作

楷書七言聯
楷書七言聯

李文田筆

ページトップへ