草書五言律詩軸 そうしょごごんりっしじく

その他の画像全2枚中2枚表示

 /  / 中国 

倪元璐筆
制作地:中国
明時代・17世紀
絖本墨書
165.0×47.3
1幅

倪元璐(げいげんろ)は天啓2年(1622)の進士。崇禎帝の厚い信任を得ましたが、北京が陥落し皇帝が自縊すると、倪元璐も衣冠を整え詩を賦し、白絹をとってその後を追いました。黄道周(こうどうしゅう)とともに明末の清節の士として知られています。明末から清初にかけて流行した連綿趣味を代表する一人。

作品所在地の地図

関連リンク

草書五言律詩軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

倪元璐筆

草書七言律詩軸
草書七言律詩軸

黄道周筆

草書七言絶句軸
草書七言絶句軸

黄道周筆

草書孟浩然詩巻
草書孟浩然詩巻

張瑞図筆

行書五言律詩軸
行書五言律詩軸

戴明説筆

ページトップへ