行書五言律詩軸 ぎょうしょごごんりっしじく

 /  / 中国 

戴明説筆
制作地:中国
清時代・17世紀
絖本墨書
177.9×54.5
1幅

明の崇禎7年(1634)の進士で、のちに清朝にも仕えた戴明説は、明末清初に流行した連綿趣味の流れを汲む帖学派の人物です。この幅は市河米庵が文政5年(1822)に入手し、図録『小山林堂書画文房図録』己冊に収録しました。ルビ:すうてい たいめいせつ れんめん いちかわべいあん(130806_t081・082特集陳列 市河米庵)(180926_t082数文字削除)

作品所在地の地図

関連リンク

行書五言律詩軸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

倪元璐筆

行書五言律詩軸
草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

王建中筆

臨大令帖軸
臨大令帖軸

王鐸筆

草書五言律詩軸
草書五言律詩軸

倪元璐筆

ページトップへ