文化遺産オンライン

銀製装飾ピン

ぎんせいそうしょくぴん

作品概要

銀製装飾ピン

ぎんせいそうしょくぴん

彫刻 / その他アジア

制作地:イランまたはイラク

パルティア時代・2~3世紀

銀製

長12.8

1本

小さいながらも、ピンの頭部に、男女のカップルの酒宴の光景が表わされています。同時代のシリア、パルミュラの墓の浮彫などと似ており、これもおそらく死者の饗宴と思われます。ヘレニズムあるいはローマ美術の影響を示す作品です。

銀製装飾ピンをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

銀製 / イラン / ぎんせい / 装飾

関連作品

チェックした関連作品の検索