文化遺産オンライン

詩書・臨古帖・尺牘巻

ししょ・りんこじょう・せきとくかん

作品概要

詩書・臨古帖・尺牘巻

ししょ・りんこじょう・せきとくかん

/ / 中国

姜宸英筆

制作地:中国

清時代・17世紀

紙本墨書

22.7×470.0(目録22.7×23.6)

1巻

姜宸英(きょうしんえい)は朱彝尊(しゅいそん)、厳縄孫(げんじょうそん)とともに江南の三布衣(ほい)と称えられた碩学です。70歳で進士に及第し、探花(たんか)(第3席)の好成績でしたが官途は不遇で、72歳時に獄中で没しました。書は、董其昌(とうきしょう)のほか米芾(べいふつ)や魏晋(ぎしん)時代の書法を学び、康熙年間の四大家に数えられました。

詩書・臨古帖・尺牘巻をもっと見る

姜宸英筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

宸英 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索